円安の影響は思わぬところに!

円安、といえば、普通に「海外旅行イケなーい」「外資系の化粧品が買えなくなるう~」くらいにしか思っていなかったのですが、この円高に大変なところでしわ寄せがいっていたようです。

急激な円安・ドル高は、アメリカで心臓移植を待っている子供たちや家族の人に、医療費の負担が増えてしまうというつらい事態になっているそうです。 もともと、海外からの移植希望者が増えているアメリカ、手術費自体が値上がりしているそうですが…、円安になってしまって、こんなところで困っている人たちがいたんですね。

ちなみに、千葉に住む某女の子の場合、10円の円安で想定額が2000万円高くなってしまったのだとか。2000万円ですよ!これ以上円安が進んでしまうと、恐ろしいことになりそうですよね。せめて、日本で移植が受けられるようにならないと…。今、移植待ちの家族はきっと、気が気じゃないのだろうな、と気になってしまいました。海外旅行に行けないどころではないですねえ。