オーストラリアの立てこもり事件では英雄が!

15日にオーストラリアのマーティン・プレース(Martin Place)のリンツ・ショコラ・カフェ(Lindt Chocolat Cafe)で銃を持った男が人質をとって立てこもり、16日未明に警察によって、男が射殺され終結された事件。なんでもここで人質を守ろうとしてなくなってしまった店長さん、それに偶然カフェを訪れ事件に遭遇してしまった、法廷弁護士で3児の母のカトリーナ・ドーソン(Katrina Dawson)さんは、妊婦だった友人を守ろうとして自分が射殺されたとして、英雄だといわれているそうです。

店長だったジョンソンさんは、機を見て犯人から銃を奪おうとしたものの、しっぱいして撃たれてしまい、けれどこれが警察突入のきっかけになったとか。自らも3児の母だったドーソンさんは、妊婦の友人を命がけで守ってくれたのですから、すごい。けれど、3人の子供たちが心配ですね…。

日本でこれが起こったら、こうやって人を守るために自分が犠牲になろうとする方、なかなかいらっしゃらないかもしれませんよね。例えば私なら、私が死んだら二人の子供たちはどうなるの?と思い、生きることばかり考えてしまいそう…。考えさせられる事件ですね。